お嬢様酵素 飲み方

【お嬢様酵素】は本気で痩せたい方にだけオススメします!


ただ今、200万本突破御礼キャンペーン実施中!





【お嬢様酵素】は発売以来、数々の女性誌で取り上げられ、爆発的ヒットを記録し既に150万本の売り上げ突破を達成しました。

この【お嬢様酵素】は単なるダイエットのためだけの道具ではありません。【お嬢様酵素】がコンセプトとするのは、「バランスのとれた内側からの美と健康」を徹底的にサポートすることにあります。

もちろん下記に取りあげる方法でダイエットすることも出来ますが、それだけではなく「各内臓の機能を高める」「お肌の明るさ・ハリを取り戻す」「便秘を解消し内面からデトックスする」「基礎代謝を高め太りにくい体質にする」「健康に必要な栄養素を効率よく摂取する」など、女性の「美容と健康」全般にとって必要な要素がたっぷり取り入れられているのです。

ぜひあなたも今の自分にとって何が必要なのかをじっくり考えながら、それぞれの目標に向かってしっかり取り組んでみてください。


まずこのダイエットで最もオーソドックスな手法は、酵素ドリンクによる「置き換えダイエット」です。固形物を摂取せずに食事を酵素ドリンクに「置き換え」ていくという手法ですが、さらに期間中一切の食事をドリンクに置き換えてしまうことを「ファスティング(断食)ダイエット」と言うこともあります。

この「ファスティングダイエット」で特に重要なのは、体内の全ての代謝に欠かせない酵素(エンザイム)や健康に必要な栄養素はしっかり補給しながら、ヘルシーなやり方で無理のないダイエットをしていくということです。

当然ながら、食事(カロリー)を摂らなければ痩せていきますが、そのことで必要な栄養素も摂取せずに健康を損なってしまったり、その後リバウンドしてしまっては本末転倒です。


【お嬢様酵素】にはこの「ファスティングダイエット」に最適な要素がいっぱい詰まっています。
この【お嬢様酵素】を他の酵素系ドリンクよりオススメする点は、野草を主原料とする天然植物原料から必要な栄養素だけを濃縮抽出しているため酵素と各種栄養素のバランスが非常にとれていることです。

また、果実由来のフルーティーな飲み口で飽きのこない美味しさがあることで、「続けられる」というダイエットにとってとても重要な要素を兼ね備えています。そして何と言っても、他の酵素系飲料と比較していただければすぐに判りますが、コストパフォーマンスもとにかくバツグンです。




ヘルシーダイエットへの3ステップ


1st Step まず自然とやせていく身体づくり

現代日本の食生活においてありがちなことですが、老廃物がたまって新陳代謝が落ちている身体では、まず食事と運動でやせようと思っても、思うほど効果が現れてこないものです。まずは大抵の場合、現代人に不足している「酵素」をたっぷり摂り入れ、基礎代謝が上がったやせやすい体質を構築することからはじめましょう。


2nd Step 各種栄養素をしっかり消化・吸収・代謝

酵素と補酵素(コ・エンザイム)は人間が生きるために必要な栄養素をしっかり消化・吸収・代謝する手助けをしてくれます。【お嬢様酵素】ではその酵素と必須栄養素を実に手軽に効率よく補給できます。これをもし実際の野菜や果物などでやろうと思ったら、大変なコストと手間ヒマと根気が必要になります。


3rd Step 不要な老廃物はきちんと排出

【お嬢様酵素】には現代日本人に不足しがちな「食物繊維」がたっぷり含まれています。当然デトックス効果バツグンで、便秘解消にも役立つこと請け合いです。これは「ファスティング」と併用することにより、よりその効果は倍増します。

目標に合わせた2つのコース

速攻”プチ断食”コース→48時間で目標-3kg

【お嬢様酵素】の原液1回60mlをおよそ1:5の割合で水や炭酸水などで割り(1回分計360ml)、これを2日間とも1日に5〜6回くらい飲みます。それ以外はお茶・紅茶・野菜ジュースなどの水分のみで凌ぎます。

ファスティングは内臓を休めることも目的の一つですので、固形物は一切摂取できません。一見「とても空腹感に耐えられない!」と思う方もいるかと思いますが、【お嬢様酵素】には各種栄養素がしっかり含まれているので、空腹感はそれほど感じずに比較的簡単に断食ができます。


楽々”デトックス”コース→1ヶ月で目標-5kg

【お嬢様酵素】の原液1回30mlを1:5の割合でやはり水や炭酸水などで割り(1回分計180ml)、これを1日に1回分の食事と置き換えていきます。

どの時間帯の食事を置き換えるかは自由です。いわゆる「置き換えダイエット」に当たりますが、自分の生活のリズムやライフスタイルをそれほど変えることなく、無理なくチャレンジできるのがポイントです。体重の変動は緩やかですが、少しずつ体内は解毒され「やせやすい体質」に変化していきます。

【お嬢様酵素】は続けられるコストパフォーマンス!


ダイエットで続けるためにはランニングコストも見逃せない要素。

通常、こういった酵素ドリンクは上質なものほど、生成にとても手間ヒマやコストがかかるため非常に高価なものですが、この【お嬢様酵素】は比較的お手頃な価格で続けやすいのもポイントです(ぜひ他の類似商品と比べてみてください)。

また、50万本突破御礼キャンペーンとして1000円割引キャンペーンを現在延長中。さらにファスティング時の回復食などにも使えるスープパスタもセットでプレゼント中!



あなたも【お嬢様酵素】を試してみませんか?






ドリンクやサプリメントを活用して

種々あるダイエット法の中でも、単に痩せられるだけでなく、美容や健康にも良いということで話題のダイエット法として「酵素ダイエット」があります。

単純に体重を減らすだけではやつれて見えたり、体調を崩してしまうこともありますが、酵素ダイエットを行うと、健康的に痩せることが出来て、さらにお肌の調子も良くなるなどの評判から、沢山のモデル、芸能人、スポーツ選手なども行っているほどです。


酵素ダイエットを行うには、専用の酵素ドリンクまたはサプリメントを摂取します。
ドリンクとサプリメントには、それぞれに異なったメリットがありますから、ご自身の生活スタイルや好みを考慮して選ぶと良いでしょう。


酵素ドリンクを利用する場合は、この原液をそのまま、あるいは水、牛乳、豆乳や飲むヨーグルトなどお好みの飲み物に混ぜます。
これを1日のうちで1回または2回の食事と置き換えて飲むことで、ダイエット効果を実感することができます。


お嬢様酵素 飲み方酵素サプリメントを利用する場合は、手軽に持ち運ぶことができますので、外で働いている方や外出先、旅行先などで特に便利ですね。
家に居なくても無理なくダイエットを続けることができます。


どちらか1つだけでも良いですし、家ではドリンク、会社や旅行先ではサプリメント、というように用途に応じて2つを使い分けることも可能です。


日々の食生活の乱れやストレスなどで、体内にある酵素が不足してしまい、身体の新陳代謝がおちてしまっている方等に、代謝を上げて体質そのものを健康的に変えていく酵素は最適です。

ドリンク、サプリメントいずれも様々な種類の製品が市販されていますので、ご自身に合ったものを選んで下さい。




お嬢様酵素 楽天 TBC スーパー脱毛 お嬢様酵素 効果 お嬢様酵素 お嬢様酵素 口コミ

酵素ダイエットの様々なメリット

近年になって注目されているダイエットが「酵素ダイエット」です。

酵素ダイエットは体重を減らすだけのダイエットとは違って、美容や健康にも良いダイエットとして評判が高く、体型維持が大切な芸能人やモデル、筋肉を減らしたくないスポーツ選手などから支持されています。

酵素ダイエットを行うにはニつの方法があります。まず一つ目は酵素ドリンクを使ったダイエットです。酵素ドリンクは新鮮な酵素をドリンクにして摂る方法で、水や牛乳・豆乳・炭酸水などお好みの水分で割って味を変えることができる点が人気です。

この酵素ドリンクを食事の代わりに一日に1〜2回摂る「置き換えダイエット」を行うと、ダイエット効果が高いです。

もう一つが酵素サプリメントを使って行うダイエットです。サプリメントならドリンクと違っていちいち作る手間がない点、持ち運びが簡単な点が人気になっています。旅行中や外出先でも手軽に摂取することができるので、続けやすいダイエットだと言えます。

酵素ダイエットを行うとお腹の調子がよくなり、美肌やボディラインにも効いてくれます。私たちは食生活の乱れや生活習慣の悪さから、どんどん代謝の悪い体になりがちです。そこに酵素をプラスすることで体調を整え、代謝を上げて痩せやすい体を作ることができます。

酵素ドリンクや酵素サプリメントなどをうまく使って、健康と美容にいいダイエットを行いましょう。

今では酵素関連で様々な商品が発売されているので、自分の生活スタイルに合ったものを選ぶことができます。

デトックスにも着目した酵素ダイエット

食べることは、人間にとって大きな楽しみのひとつであり、また生きていく上で必要不可欠な行為です。その食べることを制約して痩せようとするダイエットは、一見効率的に見えるかもしれませんが、実は栄養上良くないだけでなく、身体に悪影響を及ぼすこともあるのです。

食事制限をすると、生きていくために必要な栄養素が不足してしまったり、栄養が足りないために身体機能が低下して、消費カロリーも減ってしまいます。そうして身体の中に溜まった老廃物を排出する機能も低下してしまい、むくみの原因になったり、逆に太りやすくなってしまったりもするのです。

単純な食事制限をするのでなく、効率的に痩せる方法として今注目を集めているのが「酵素ダイエット」です。

身体機能を低下されることなく、健康な状態をキープした上で代謝を良くすることで痩せられる酵素ダイエットは、今最も注目されているダイエット法なのです。

酵素ダイエットでは、身体の中に溜まってしまった老廃物を排出させるデトックス効果も高いため、単に食事制限をして食べないダイエットをするよりも、ずっと効率良く痩せることが可能になります。

今以上に太らないようにすることも大切ですが、今すでに身体の中に存在している不要な老廃物を外に出してしまうことが、痩せるためには何よりも重要です。

酵素ダイエットは基本的に一部の食事の代わりに酵素ドリンクを飲むだけ、という行いやすいものです。痩せたくて激しいエクササイズや厳しい食事制限をしてみたけれど、ダイエットに失敗してしまった、という方も、是非トライして無理のないダイエットを実現させましょう。

何歳からでも始められる!

「ダイエット」と言うと、一昔前では若い女性が行うもの、というイメージを持つ方が多かったかもしれません。ですが現在では若い女性のみならず、健康維持のためやいつまでも若々しくいたい!という気持ちを持って、年齢も性別も問わず、非常に多くの方々がダイエットを行っています。

特に中年以降の男性にも意識の高い方が多くなっているのが近年の傾向です。

ダイエット方法にも様々な種類がありますが、その中でも最近とても手軽で人気のダイエット方法があります。それが酵素を積極的に摂取することで行う「酵素ダイエット」です。しばしば置き換えダイエットなどとも呼ばれます。

酵素がたっぷりと配合されたドリンクやサプリメント等も多く市販されており、大変人気のようです。

酵素とは、もともと人間の体内に存在し、とても安全かつ有益な物質です。酵素は人間が生きていく上で欠かすことのできないもので、体内にあることで身体に様々な良い影響を与えてくれるのです。

というより酵素がなければそもそも人間は生きていけません。体内酵素が尽きたときが寿命だとも言われているくらです。

酵素の働きのうちのひとつに、腸内環境を整えてくれる、というものがあります。腸内環境が良くなることでお通じがスムースに行われます。きちんと排泄できると、自然とスリムアップできますね。もちろんデトックスにもなり、お肌や体調全般にもいい影響を与えることになります。

また基礎代謝を上げてくれる、というのも酵素の働きのうちのひとつになります。基礎代謝が上がることで、太りにくく痩せやすい身体をキープすることができます。この体質改善こそがダイエットの最終目的とも言えます。

名前に「ダイエット」と付いているものの、酵素ダイエットには厳しい食事制限や、また激しいエクササイズを行う必要もありません。酵素を摂取すると、体内環境が整って代謝が向上することで、自然と健康的にスリムになることが可能なのです。

総カロリーをコントロールしたり、一部の栄養素を一切排除したりする方法もよく喧伝されますが、かえって体調を崩してしまったり、不健康な痩せ方や老けて見られてしまっては元も子もありません。

正しいやり方で「健康的に」「無理なく」ダイエットしていくことが重要なのです。

ダイエットを始める前に…

女性であれば、誰でも、贅肉のついていない美しいプロポーションに憧れていると思います。

これからの時期は、初夏から、だんだん、夏になってくるので、体に付いた贅肉が気になっている方が多いと思います。これから、ダイエットに挑戦したいと思っている方が増えてくると思います。

極端に食事の量を制限したり、食事の回数を減らすダイエット法は、長続きがしないので、バランスの取れた食事を時間を掛けて、食べるようにして欲しいと思います。

運動不足を感じている方は、ジムに通ったり、自宅で、ヨガやピラティスなどの運動を続けるようにしたいですね。

最近は、自宅で、場所を取らず、運動をすることができるエクササイズDVDも、数多く販売されているので、利用して欲しいと思います。

また、骨盤が歪んでいると、代謝が悪く痩せにくくなるので、骨盤ベルトを使用したり、体操をして、骨盤の位置が正しい位置に戻るように、姿勢を矯正するダイエット法も、効果的だと思います。

最近では食生活も欧米化し、車や鉄道などの交通機関も発達し歩くことも少なくなったため、肥満に悩む人が増えています。

肥満は高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす要因になり、それに伴う医療費の増加問題になっています。その対策として、メタボリックシンドローム健診が、2008年4月から40歳以上の中高年保険加入者を対象にして義務化されました。

そのためスタイルを気にする若い女性だけではなく、中高年の男女もダイエットに取り組む人が増えています。しかしダイエットはしたいけど、どんな方法が自分にあっているのかわからない、また初めてもなかなか体重が減らない、長続きがしないと悩んでいる人が多いようです。

私もダイエットをしたいのですが、足に障害があり、あまり運動ができないため、寝る3時間前に食事を取らないようにしたり、炭水化物の摂取量を減らしたり、食事の前に野菜を食べたり、ヨーグルトを食べたりしてダイエットをしたことがありますが、食事療法だけではうまくいきませんでした。

ダイエットはこれからも人間にとって永遠のテーマになるでしょう。

今流行りの糖質制限ダイエットって?1

厳しい暑さの夏も落ち着いて来て、だんだんと秋の気配が感じられるようになってきました。秋と言えば、「食欲の」という枕詞が頭に思い浮かぶ方も少なくないでしょう。

あまりの暑さに食欲も落ちてしまった夏も過ぎて、美味しい食材が多く揃うこの季節、話題のレストランめぐりやスイーツのお取り寄せなども魅力的に思えてしまいますよね。

でもそんな季節にこそ、少しだけ食欲と食べ物を賢くコントロールして、スッキリと引き締まったボディを目指してみませんか。ダイエットには様々な種類や方法がありますが、その中でも食欲が増すこの季節に特におすすめしたいのは、糖質制限ダイエットです。

「糖質制限」は巷でも良く聞かれることばですから、大抵の方なら一度は耳にしたことがあるでしょう。

では糖質制限ダイエットって、具体的に何をどのようにして行い、どんな効果があるのか、他のダイエット法と比べてどんな点が優れているのかをご存知でしょうか。

まず初めに一番基本的な疑問として「糖質」とは何でしょうか?

たまに目にするのが、糖質とは炭水化物である、としている表現です。ですがこれは正しくありません。

炭水化物には糖質だけでなく、食物繊維も含まれています。炭水化物に含まれる食物繊維はごくわずかではありますが、覚えておく必要があります。

そして糖質は、体内で吸収されて脂質、タンパク質と共に人間が活動するためのエネルギー源となる3大要素のうちのひとつです。

今流行りの糖質制限ダイエットって?2

つまり人が活動するために欠かせないエネルギー源のひとつであるため、全く食べないのではなく、効果的に減らす必要があります。

では糖質と糖類は同じものでしょうか?ことばは似ていますが、これも同じではありません。

糖質には、単糖類、二糖類、多糖類、糖アルコールなどがあります。単糖類にはブドウ糖や果糖があります。二糖類は単糖が二つつながったもので砂糖はブドウ糖と果糖から、麦芽糖はブドウ糖とブドウ糖から、乳糖はブドウ糖とガラクトースから出来ています。

そして単糖類と二糖類を総称して「糖類」と呼びます。

ちなみにデンプンは単糖であるブドウ糖などが数万個以上も結合した「多糖類」です。他にもオリゴ糖やデキストリンなども多糖類に分類されます。

糖アルコールはきのこや海藻、果物、野菜、日本酒、ワイン、醤油などの発酵食品などに含まれています。

また低カロリー甘味料として作られたものもあり、ソルビトール、キシリトール、マルチトール、エリスリトールなどがそれにあたります。

これら人工の糖アルコールは、ブドウ糖などの原料に水素原子をつけたもので、このために体内の消化酵素は糖アルコールを分解することができないまま大腸まで通過します。

つまり体内で吸収されることがないために、ヘルシーでダイエットに向いていると言われるのです。ただし大量に摂取すると水分が吸収されなくなり下痢を引き起こすこともあるために注意が必要です。

ひとことで「糖質」と言っても、その種類は様々なのですね。

今流行りの糖質制限ダイエットって?3

「糖質」とは何かということは理解できたでしょうか。では次に、この糖質を制限することで何故ダイエットにつながるのか、そのしくみを見ていきましょう。

糖質は私達の体内に入ると、どのように使われるのでしょうか。人は日中活動している時だけでなく、寝ている間も絶え間なくエネルギーを消費しています。

このエネルギーとして一番に使われるのが糖質なのです。糖質はまず消化器官でブドウ糖に分解されて、全身の細胞へと運ばれて使用されます。ブドウ糖は、脳を動かしたり、全身の細胞へ酸素を送るためのエネルギー源になる等の働きをしていると言われています。

このブドウ糖は肝臓へも運ばれ、一部はグリコーゲンというブドウ糖のたくさんつながった構造物となり、貯蓄されます。肝臓で貯蓄されず全身に運ばれたブドウ糖は、筋肉においてもグリコーゲンに変化して蓄えられます。

このグリコーゲンは必要な時にどんどん分解されて糖質として取り出すことができるため、グリコーゲンを肝臓や筋肉に蓄えておくと、からだを動かす時にフルパワーで行うことができるという大切なものです。

グリコーゲンが不足した状態で筋肉トレーニングやスポーツをすると、力が十分に発揮できない場合もあるために、特にからだを動かすスポーツ選手などにとっては、体内に十分に蓄えておく必要のある重要な物質です。

特に肝臓に蓄えられるグリコーゲンは血糖値を保つために重要で、これが空になってしまうと運動能力が大きく低下してしまうのです。

今流行りの糖質制限ダイエットって?4

体内に摂取された糖質は、一部はグリコーゲンという物質として体内に蓄積されると書きました。

その量はおよそ肝臓に100グラム、体内の筋肉に400グラム程度しか貯蓄することができません。ではそれ以上摂った糖質はどうなるのかというと、肝臓や脂肪細胞で中性脂肪になって蓄えられるのです。

そして脂肪細胞に蓄えられる中性脂肪には制限がありません。ですから過剰に糖質を摂ると、どんどん中性脂肪として蓄えられて太り続けてしまいます。

また、ブドウ糖がタンパク質と結合して糖化すると、タンパク質としての機能が失われてしまい、お肌や骨の老化を促進する可能性もあります。

加えて糖化は血液をドロドロにすることもあるので、糖尿病や動脈硬化を引き起こしたり、更には脳梗塞や心筋梗塞などに発展するリスクもあるのです。

それ以外にも、免疫力の低下、認知症、歯周病、糖尿病、感染症、骨粗鬆症などになる可能性もあると言われています。

ですからまずは必要以上に糖質を摂りすぎないよう摂取量をコントロールする必要があります。そして糖質の摂取量を制限すると、からだはエネルギーが不足していると認識し、中性脂肪からエネルギーを作り出そうとします。

すると中性脂肪が分解されて、脂肪酸とグリセロールに分かれます。そして分解された脂肪酸がエネルギーに変換される時に、ケトン体が作られます。ケトン体は運動エネルギーにも、脳のエネルギーにも使われます。

従って糖質が不足すると、中性脂肪が燃焼されるのです。

今流行りの糖質制限ダイエットって?5

ただし糖質制限をする際には注意が必要です。

何故なら糖質制限をして摂取する糖質の量を減らすだけだと、からだは体内にある筋肉のタンパク質を分解して、糖を新たに作り出そうとします。そのために筋肉量が落ちてしまうのです。

人間のからだは年を取るごとに自然と筋肉が衰えて、落ちていきます。筋肉量が減ると基礎代謝も落ちてしまいます。ですから糖質制限だけをすると、結果として筋肉もなくなり、代謝量も落ちて痩せにくいからだを作り出してしまうのです。

そしてこの傾向は年をとる毎に顕著になっていくのです。

従って糖質制限をする時は、同時にトレーニングやエクササイズもして筋肉を積極的に付けることも必要になってきます。そうすることで中性脂肪も減らしつつ、筋肉量もキープして体内の代謝量を落とすことなく健康的に痩せることが可能となるのです。

また運動で筋肉を付けるだけでなく、外からタンパク質を積極的に摂取することも必要になります。糖質が不足するとタンパク質が分解されるため、通常以上のタンパク質を摂取しなければなりません。

「糖質制限」で健康的にダイエットするポイントは以下の3つになります。

まず摂取する糖質の量を減らすこと。

そしてトレーニングやエクササイズで運動を行い、積極的に筋肉を付けるようにすること。

最後にタンパク質をきちんと摂取すること。この3つを同時に行うことが必要になります。ではそれぞれのポイントを行う際の具体的な方法を見ていきましょう。

今流行りの糖質制限ダイエットって?6

まずは摂取する糖質の量を制限する際のポイントを見ていきましょう。

糖質制限をする時の食事で必要なことはいくつかあります。まず食事の回数そのものは減らさず、3食きちんと食べます。

糖質の量を減らすことでグリコーゲンの量が不足してしましまいます。ですから食事はきちんと取り、からだに必要なエネルギーを補うことが大変重要になってきます。

そして摂取する糖質は減らしますが、カロリーそのものは減らさないようにすることです。特に良質の油を摂取すると、血液中のコレステロールや中性脂肪を排出しやすくなるので、ダイエットに有効です。

では一日に摂取できる糖質の量は一体どれくらいなのでしょう。厚生省による「日本人の食事摂取基準(2015)の報告書」によると、一日の炭水化物の摂取量は1日に必要なエネルギー量の50〜65%となっています。

前途の通り、炭水化物には食物繊維も含まれていますが、量としてはごく微量のため、炭水化物の量と糖質の量はほぼ同一と考えてさしつかえないでしょう。炭水化物の摂取量を最低限の50%として、30代の女性の場合必要量はどれ位になるのか計算してみましょう。

デスクワーク中心の30代女性の一日に必要なエネルギー量は1750kcalです。
1750×0.5=875 kcal

糖質1gは4kcalになりますので、カロリーにすると
875÷4=218.75g

従って約220gが一日に最低限必要なエネルギー量となります。

そして一般的に糖質制限をする場合は、1日50g以上130g以下の量を目安にすると言われています。

今流行りの糖質制限ダイエットって?7

体内に取り込まれた糖質はブドウ糖に分解されて、体内の様々なところで使われるのは前途の通りですが、ブドウ糖は炭水化物からのみ作られるので、炭水化物が不足すると特に脳に悪影響があると言われています。

ですからダイエットであっても極端に糖質の摂取量を減らすことは避けましょう。目安としては100〜130g程度は最低限でも摂るようにしましょう。

糖質、つまり炭水化物を多く含む食べ物といえば、何よりもまず「ご飯」でしょう。

日本人の食卓に欠かせない米ですが、海外旅行に行くなどしてご飯を食べない期間が長くなると、一番に食べたくなる食材と言われています。

では糖質制限をする際、このご飯は一日にどれ位の量を食べることが出来るでしょうか。

ご飯はお茶碗一杯で約150g程度と言われていますから、これだけで既にオーバーしていますね。それでもどうしてもご飯が食べたい、という方なら、子供用のご飯茶碗を使うのもひとつの方法です。

茶碗の中にほんの少しのご飯しかないと何だか寂しい気持ちになってしまいますが、子供用のお茶碗に8分目位をふんわりとよそうと、結構満足するものです。

またご飯を炊く際に、しらたきを混ぜて炊くという方法もあります。しらたきは、そのほとんどの成分が水で、それ以外はカルシウム、鉄分、食物繊維などが含まれています。

いずれも一般的に日本人に不足しがちな栄養素と言われているものばかりです。カロリーも低いので、しらたき入りご飯は糖質制限中の強い味方になってくれそうです。

今流行りの糖質制限ダイエットって?8

作り方は非常に簡単です。お米1合に対してしらたき100gを用意します(ちなみに米1合は炊きあがると約330gのご飯になりますから、量は加減しましょう)。

水洗いしたしらたきをテフロン加工のフライパンでキュッキュッと音がする位までから煎りします。から煎りしたしらたきを、0.5mm位の長さのみじん切りにします。通常炊く量の水分量で、普通にご飯を炊きます。

炊きあがったら全体をよく混ぜ合わせてから食べましょう。蒸らし時間を少し多めにすると、べちゃっとならずにツヤツヤとした美味しいご飯に炊きあがりますよ。

お米と混ぜて炊き上げられる食材は多くあります。他にも代表的なものをあげてみましょう。

えのきご飯はいかがでしょう?

えのきをはじめとしたきのこ類は食物繊維を多く含み、しかも低カロリー。糖質制限ダイエットに利用しない手はありません。

目安の量としては、お米1合に対してえのきを5分の1袋程度使います。石づきを取り、細かくみじん切りにしてからお米と一緒に炊きます。

次には「大根めし」もあります。

大根にはアミラーゼという炭水化物の消化を助ける働きを持つ成分を多く含んでいます。また肥満の原因となる脂肪を分解してくれるので、ダイエットの強い味方になってくれますよ。

お米1合に対して100g程度の大根を用意します。直径にもよりますが、大体2〜3cm位の量です。

これを直径1cm位の角切りにして研いだ米とまぜ、1割位量を減らした水を注ぎ、出汁用のこんぶひとかけらと塩ひとつまみと共に普通に炊きます。

今流行りの糖質制限ダイエットって?9

ここ数年スーパーフードとして大注目をあびている「キヌア」も、米と一緒に炊くことのできる食材です。

キヌアの糖質量は白米と比べて4分の3程度です。他の食材に比べると糖質保有量は多めで、白米よりは少々少ないという程度です。

しかしキヌアは水分を吸って膨らむという性質があります。ですから調理した後は量が増えるため、少量でも満足できるのが白米とは違うところです。調理した後のキヌアは、白米に比べて2倍膨らみます。

ですから例えば調理したキヌアをお茶碗1杯食べるのと、同じお茶碗に白米を半分よそったのとカロリーは同じということになります。

穀物を沢山食べたいけど、白米だと少ししか食べられない…ということがストレスに感じるような時はキヌアを食べるものひとつの方法かもしれません。また食物繊維を豊富に含んでいるため、便秘になりにくいのも嬉しいところです。

ではキヌアの調理法を説明しましょう。まずは水洗いします。お米と同様に洗って、水が濁らなくなったら大丈夫です。お米と一緒に炊く場合はそのままお米と一緒に1時間程水につけてから普通に炊きます。

ちなみに米1合に対してキヌア大さじ1程度が入れる量の目安です。キヌアだけで食べたりサラダ等に加える場合は、洗った後にたっぷりめの水に30分程付けておきます。

その後は容器にラップをし、電子レンジで10分程温め、それからラップを付けたまま同じく10分蒸らします。容器に残った余分な水分を捨てれば完成です。

今流行りの糖質制限ダイエットって?10

キヌアのすごいところは、何よりもその栄養価の高さです。

カロリーは白米とさほど変わりませんが、白米と比べて食物繊維は14倍、タンパク質も2倍以上、カルシウムは8倍以上、葉酸は15倍以上も含んでいるのです。カルシウム、鉄分も含んでいます。

ただし脂質も5倍程多く含んでいるため、食べ過ぎにはくれぐれも注意が必要です。糖質ダイエットを行うと栄養バランスが崩れがちですが、キヌアを適量食べることで、栄養バランスを整えることができます。

キヌアを食べる際の注意点をいくつか紹介しましょう。キヌアは調理すると白米と比べて2倍の量になると書きました。

つまり水分を多く含むために膨張するのです。ですから元の量は少なくても食べると満足するのですが、その分腹持ちは良くありません。

お米を茶碗一杯食べるとしばらく満腹感が続きますが、キヌアの場合は比べるとお腹が空くのが早く感じるでしょう。

だからと言って間食をしてしまっては意味がありません。そのことをきちんと頭で理解した上で活用しましょう。

またキヌアにはサポニンという成分が含まれています。サポニンを過剰に摂取すると下痢や吐き気といった症状が出ることがあります。

糖質ダイエット中に少量のキヌアを摂取する程度なら問題ありませんが、例えば1日3食のご飯を全てキヌアに置き換えるといった場合は注意が必要です。

対策としては、調理前によく水につけてサポニンを洗い流すこと、そしてやはり適量を摂ることに注意しましょう。

今流行りの糖質制限ダイエットって?11

他には抵糖質のパンや麺類を利用するのも良いでしょう。

通常のパンや麺類は小麦粉を使って作られていますが、低糖質のものは大豆粉やふすまを使って作られているため、糖質が抑えられています。

近頃はコンビニでも売られていたり、インスタントの低糖質麺製品が人気のようです。こういった製品なら忙しい方や旅先でも利用することができますね。

糖質制限ダイエットを行う場合、大切なのは主食以外の食べ物を多く摂るようにすることです。まず何と言っても野菜の量を増やすことが重要です。

一口に野菜と言っても、イモやかぼちゃ、とうもろこし、レンコン、ゴボウなどは糖質が高いので摂り過ぎには注意が必要です。意外なところでは切り干し大根でしょう。

大根そのものは糖質が低い部類に入りますが、干して水分量が減ると糖質が高くなるのです。他にもタマネギなどは、煮込んでしまうと大量に食べることができてしまうため、少しだけ気をつけるようにしましょう。

では逆に糖質の低い野菜はどんなものがあるでしょうか。

まず葉野菜全般があげられます。ほうれん草、小松菜、春菊、レタス、キャベツ、水菜、白菜などです。葉野菜以外にもブロッコリー、おくら、なす、キュウリ、セロリ、カリフラワー、さやいんげん、かぶ、大根など。

野菜に関しては、糖質の高いもの以外は大抵問題ありませんので、多いに食べるようにしましょう。

野菜をサラダで食べる際はドレッシングにも気をつけて。市販のものは砂糖等を多く含んでいるものもありますから、手作りできたら良いですね。

今流行りの糖質制限ダイエットって?12

ご飯を炊く時にエノキをまぜる方法を紹介しましたが、キノコ類も積極的に摂りたい食材です。

ほとんどノーカロリーで食物繊維が豊富ですから、副菜としても多いに活用したいですね。注意点としては、煮物にする場合は砂糖やみりんといった糖質を多く含む素材を使いすぎないようにしましょう。

一般的にはダイエットと言うと、カロリーの高いお肉はNGということが多いのですが、糖質制限ダイエットの場合これはあてはまりません。肉は部位にもよりますが、含む糖質量はかなり少ないと言って差し支えなさそうです。

肉100グラムに含まれる糖質の量は、牛肉は0.1〜0.6g、豚肉は0.1〜0.3g、鶏肉はほぼ0gなのだそうです。肉には体内では合成できない9種類のアミノ酸がバランス良く含まれており、糖質制限中には多いに食べたいものです。

ただし注意したいのは調理法で、やはり煮物などよりは、テフロン加工のフライパンや炭火でしっかり焼くと、余計な油分も落ちてよりヘルシーに食べることができます。

しゃぶしゃぶのようにお湯にくぐらせる方法も良いですね。肉の部位に関しても、やはり脂肪分の多いところよりは少ないところが理想的ですね。

牛肉なら国産和牛は脂質がやや多いので出来るだけ避けて霜降りよりは赤身のもの、豚肉は脂身の少ないところ、鶏肉ならもも肉よりもささみや胸肉などを選ぶのがベターです。

初めに書いた通り、糖質制限ダイエット中には特にタンパク質を積極的に摂る必要がありますから、お肉は積極的に食べたいですね。

今流行りの糖質制限ダイエットって?13

せっかく低糖質のお肉を食べるのですから、味付けにも注意しましょう。

基本的には塩コショウのシンプルなものがおすすめです。くれぐれもコッテリとしたソースは使わないようにしましょう。

調理法によっては大根おろしを付けるのもおすすめですよ。最近は低糖質ソースも多く市販されていますので、上手に活用したいですね。

また意外なところで積極的に使いたいのがチーズです。ダイエットと聞くとチーズは避けた方が良さそうなイメージがあるかもしれませんが、実は乳製品の中でもチーズは最も低糖質な素材なのです。

特に日本でも人気の高いカマンベールチーズは糖質が低めですから、牛肉のハンバーグステーキの味付けは、塩コショウととろけるカマンベールチーズ、なんていうのも良いですね。とは言え、食べ過ぎは厳禁ですからほどほどにしましょう。

チーズ以外の乳製品も、実は糖質ダイエット中には強い味方となってくれます。前途の通り、乳製品の中でもチーズは一番糖質が低い食材ですが、他にも生クリーム、牛乳、ヨーグルトの順で糖質が低いのです。

おやつとして、また調理の際にもうまく活用したいですね。ただし生クリームでもヨーグルトでも、砂糖を入れないことが鉄則です。

あくまで砂糖や他の材料を加えない状態で低糖質なのですから、それだけは気をつけましょう。乳製品は加糖の状態で販売されているものも少なくありませんから、購入する際にも少しだけ気をつけてチェックしてみて下さいね。

今流行りの糖質制限ダイエットって?14

魚ももちろん積極的に食べたい食材です。魚にはほとんど糖質が含まれておらず、その上魚の脂質には血液をサラサラにしたり、コレステロールを抑制する、脳の働きを活発にする働きがあります。

刺身でも焼き魚でも糖質量が変わることはほぼありません。ただし煮魚にする場合は、大抵は砂糖やみりんなどを使うために糖質量が高くなりますから注意が必要です。

また魚を使った加工品、つまりかまぼこやちくわといった練り物には糖質が含まれているため、別物と思った方が良いでしょう。練り物以外にも、小魚の佃煮などもかなりの量の糖質が含まれています。従って魚の場合、加工品以外を摂るようにした方が無難ですね。

玉子と聞くと、高コレステロールでダイエットには向かない食材という印象もあるかもしれません。ですが最近では玉子を大量摂取しても動脈硬化には関係ないことが分かってきました。

それどころか玉子は人間のからだに必要な栄養素を多く含む素晴らしい食材として認められています。糖質制限ダイエット中は、摂取カロリーを落とすことなく糖質を抑えるようにすることが大切ですから、玉子は上手に活用したいですね。

ちなみに玉子1個に含まれるカロリーは約80キロカロリーとやや高めですが、糖質は0.2gと少なめです。

手軽に入手することができて栄養素もバランス良く含まれた優秀な食材ですから、糖質制限ダイエットの強い味方です。ゆで玉子にして塩をふって食べるなど、調理法に気をつけて活用しましょう。

 

サイトマップ

FX取引で儲ける